柘榴ノ杜(ざくろのもり)

百合魔王オッシーの公式サイトです。
富江最終章考

『富江 最終章 ~禁断の果実~』作品データ|柘榴ノ杜

・作品タイトル 富江 最終章 ~禁断の果実~ (英題『TOMIE : Forbidden Fruit』) ・概要 製作 大映 アートポート 配給 大映 初上映日 2002年6月29日@銀座シネパトス(東京) 上映館 銀座 […]

富江最終章考 補遺:『富江 最終章』は「ホラー映画」として“正しい”か?|柘榴ノ杜

『富江 最終章 ~禁断の果実~』が「ホラー映画」であることは、まぎれもない事実だ。 美少女の頭が鉈でかち割られたり、美少女の生首が喋ったり、美少女の胴体が芋虫のような姿に変形したり、美少女の死体を氷漬けにしたり……『富江 […]

富江最終章考 補遺:『富江 最終章』のレズビアニズム|柘榴ノ杜

さて、『富江 最終章 ~禁断の果実~』の“オチ”をご覧になって、貴方はどう思われただろうか。 「なんだ、けっきょく【富江】が最後に選んだのは【和彦】だったのか。でも《ロリータとレズビアン》を売りにしている以上は、やっぱり […]

富江最終章考 補遺:「心中説」について|柘榴ノ杜

【登美恵】が【富江】との逃避行の果てに、ホテルの屋上に登る件に関しては、【登美恵】は“心中”しようとしていたわけではなく、ただ厄介な【富江】を捨てたかっただけという皮相な見方をする人もいる。 しかし、ただ【富江】を捨てる […]

富江最終章考 補遺:特撮のクオリティについて|柘榴ノ杜

彦によって切り刻まれた【富江】は、生首だけの姿となっても、まだ生きていた。 そんな【富江】を、登美恵は廃屋にかくまい、育てようとする。 やがて、【富江】の首からは胴体が生え、胎児くらいの大きさにまで育っていった。安藤希の […]

富江最終章考 補遺:【富江】がコーヒーを飲むシーンについて|柘榴ノ杜

【富江】は、【登美恵】の初恋の人であるとともに、作家を志す【登美恵】の書いた小説を読んだ、初めての読者でもあった。 「じゃあ、初めての読者に、コーヒー淹れて」 嬉しそうに応じる【登美恵】。ベッドに寝そべって読み耽る【富江 […]

富江最終章考 補遺:安藤希の演技について|柘榴ノ杜

世間の頑迷な性規範に囚われることなく、悪びれることなく二股をかけ、さらには「親子どんぶり」までも美味しくいただく。本能の赴くまま生きる、タフで先進的な女性――『富江最終章考:ロリータとレズビアン(5)』の中で【富江】の人 […]

富江最終章考 補遺:【富江】の超能力について|柘榴ノ杜

殺されても殺されても甦る【富江】は、人智を超えた存在、すなわち「悪魔」である。 もっとも、魔法を使ったり何かに化けたりといったことはできない。物語終盤で、イジメられっ子の【登美恵】と戦って耳を切り落とされてしまったのを見 […]

富江最終章考 補遺:【富江】が「永遠の処女」であること|柘榴ノ杜

『富江 最終章 ~禁断の果実~』の監督・中原俊は、過去にレズビアン・ポルノの名作『猫のように』を手掛けたことで知られるが、そこをいくと『富江 最終章』に女優の裸や濡れ場はいっさい登場しない。 露悪的な趣向が持て囃されるホ […]

富江最終章考 補遺:原作者・伊藤潤二が語る『富江』|柘榴ノ杜

ホラー漫画家・伊藤潤二を評する言葉といえば「天才」「鬼才」「孤高」などが挙げられるだろう。 私はそれらに異議を唱える者ではない。だが、そうした賛辞がかならずしも伊藤作品の“無謬性”を意味しないことは指摘しておかなければな […]

富江最終章考 補遺:『アンとマリーの物語』|柘榴ノ杜

『富江 最終章』において、特筆すべき演出は多々あるが、その中でも印象的なのは、小説家を志す【登美恵】の作品『アンとマリーの物語』(正式なタイトルは不明)を劇中の随所に挿入することで、【登美恵】が現実と妄想の境界線を踏み外 […]

富江最終章考 補遺:『富江 最終章』のユーモア|柘榴ノ杜

伊藤潤二のホラー漫画に、ある種のユーモアが内在していることは、熱心なファンの間で常々指摘されてきたことだ。 伊藤作品が「ギャグ漫画」として読めるという意味ではない。 ギャグとユーモアは違う。腹を抱えて笑うようなものではな […]