柘榴ノ杜(ざくろのもり)

百合魔王オッシーの公式サイトです。
評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

HIDE×TUSK『Seth et Holth(セス・エ・ホルス)』|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ Xがいわゆる「ヴィジュアル系」の先駆者とされているのは、その奇抜なファッションや音楽性が後続バンドに多大な影響を及ぼしただけでなく、彼ら自身の手で新人を発掘・育成してきたという実績にある。 リーダーのYOSHIKIが […]

ノストラダムス 戦慄の啓示|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 幸福の科学が、宣伝のために作ったスペクタクル映画。 タイトルに「ノストラダムス」と冠しているけれど、実際、ノストラダムスはただ狂言回しを務めるだけで、ストーリーにはまったく絡んでこない。有名な預言詩すら出てこないの […]

TEACUPS 湘南初恋物語 ─親友─|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ DVD版のパッケージでは、石川佳奈と平井理央が「主演」であるかのごとくフィーチャーされている。ところが実際には、この二人は脇役にすぎない。しかも、石川にいたっては台詞すらない。映像特典のメイキングも、平井のインタビュ […]

日本のこわい夜 特別篇 本当にあった史上最恐ベスト10 |評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 人気お笑い芸人たちが、テレビの怪奇特番の収録中に、本物の霊と遭遇してしまうといった趣向の2時間ドラマ。2005年の夏にTBS系列で放送され、翌年にはエイベックスからDVD化されている。 くりぃむしちゅーを司会に、劇団 […]

蠢く森 プライマル・フィアー・プロジェクト|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ もうタイトルからして察しがつくけれど、今となっては懐かしい『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の便乗モノである。 本家のとおりいちおうドキュメンタリー形式になっていて、女性の超能力者が、幼くして死んだ我が子の霊を追いか […]

ナチス・ゾンビ 吸血機甲師団|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 監督は「J・A・レイザー」となっているけれど、その正体がジャン・ローランだというのは周知の通り。 当初はジェス・フランコが務める予定だったが、突如行方不明になってしまったため、ローランにお鉢が回ってきたというのも、 […]

バージン・ゾンビ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

ジャン・ローラン(オリジナル)版 ★ ジェス・フランコ(ディレクターズ・カット)版 ★★★ もともとはジェス・フランコの監督作品であったにもかかわらず、後にジャン・ローランが監督したシーンを追加し、まったく別の映画として […]

ピンチランナー|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 一例を挙げるなら、安倍なつみ演じる主人公【峰岸あゆみ】が、燃えさかる倉庫に閉じこめられてしまうシーン。 彼女のクラスメートがそれに気付き、避難している他のクラスメートたちに、救助を呼びかける。 その時のやりとり。 「 […]

ヴァンパイアVSゾンビ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 『エイリアンVSプレデター』『ジェイソンVSフレディ』などのブームに便乗して、適当な海外のB級ホラー映画を輸入したものの中の一つ。日本版DVDはジャケットも邦題も、はてはクレジットの表記やタイトルバックに至るまでそれ […]

世紀末の呪い 増殖|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★★ 1997年、遊び仲間の少女をリンチの末に生き埋めにした3人の女子高生。 1998年、小学校のプールに幼女を沈めて殺したひきこもりの少年。 1999年、見ず知らずの妊婦を包丁で刺殺した優等生の少年。 1981年に […]

幽霊の名所案内|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★★ オカルト物の企画ビデオの中で、何よりも退屈なのが「心霊スポット探訪」である。 一生陽の目を見ることはないであろう底辺アイドルが、真夜中に人気のない場所でビデオカメラと懐中電灯をもって誰かいるだの何か聞こえただの […]

顔泥棒|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 伊藤潤二のホラー漫画を実写化したドラマ。主演は『さくや妖怪伝』の安藤希。 高校を舞台に、自分の顔を狙った相手と同じ形に変化させる妖怪【亀井桃子】の恐怖と悲哀を描く。 安藤が演じたのは、【亀井桃子】に顔を“盗まれた […]