柘榴ノ杜(ざくろのもり)

百合魔王オッシーの公式サイトです。
Posts tagged "ゴシック"

HIDE×TUSK『Seth et Holth(セス・エ・ホルス)』|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ Xがいわゆる「ヴィジュアル系」の先駆者とされているのは、その奇抜なファッションや音楽性が後続バンドに多大な影響を及ぼしただけでなく、彼ら自身の手で新人を発掘・育成してきたという実績にある。 リーダーのYOSHIKIが […]

バージン・ゾンビ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

ジャン・ローラン(オリジナル)版 ★ ジェス・フランコ(ディレクターズ・カット)版 ★★★ もともとはジェス・フランコの監督作品であったにもかかわらず、後にジャン・ローランが監督したシーンを追加し、まったく別の映画として […]

ゾンパイア|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 封印されていた吸血鬼の女王が眠りから覚め、孤島の小さな村を恐怖に陥れる。 古めかしい小屋の質感など、寂れた孤島の殺伐とした空気を演出することに成功している。終始、やるせない雰囲気の中で、気怠く展開していく物語だ。 […]

下弦の月|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 矢沢あいの原作コミックにもL’Arc〜en〜Cielにもまったく思い入れのない私が、映画版『下弦(かげん)の月』をわざわざ劇場まで観に行ったのは、邦画にしては珍しく、耽美幻想的なビジュアルを売りにしていた […]

イザベルの呪い|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 魔女狩り伝説をモチーフに、エログロ描写を加えたB級ホラー。そう聞いただけで食指が動いてしまうマニアは少なくないはず。 じじつ魔女の処刑や黒魔術のシーンはムードたっぷりで、安っぽい仕上がりながら、なかなかの出来映えだ。 […]

呪われたレイプ魔|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ フランスの耽美映像作家ジャン・ローランは、未熟ながらも彼以外には作りえない、ユニークな作風で知られている。 『呪われたレイプ魔』もその一つ。 悪党どもにレイプされた挙げ句、殺された仲良し女の子二人組が、悪魔に肉体を […]

コゼットの肖像|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 骨董屋でアルバイトする画学生が、「呪われし器物」に宿る美少女【コゼット】の亡霊に苛まれる――という筋書きのOVA作品(全3話)。 筋書きからすると、地味な内容を想像する。しかし、それだけだとイマドキのホラー・ファン […]

ドラキュラ血のしたたり|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ ゴシック・ホラーの名門ハマー・プロダクションが、レ・ファニュの怪奇小説『吸血鬼カーミラ』を映画化した、いわゆる「カーミラ3部作」の最終章となった作品。 舞台となるのは、魔女狩りが横行する村。魔女狩り団(?)のリーダー […]

血ぬられた墓標|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 「女吸血鬼」と言えば、ジャン・ローランやジェス・フランコが思い浮かぶ。彼らの手がけた作品の多くは、いちおう「ホラー」とカテゴライズされてはいるが、そのじつ、耽美的なエロス描写を絡めたミステリアスな雰囲気が特長で、恐 […]

BALZAC『Marchen aus dem horrorwald』|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 日本のホラー・パンク・バンド、BALZAC(バルザック)のDVD付きシングル『D.A.R.K』に収録された短編映画。 バンドのイメージ・キャラクターである【紙袋男】を主人公にした、無声映画調のゴシック・ホラーとなっ […]