柘榴ノ杜(ざくろのもり)

百合魔王オッシーの公式サイトです。
Posts tagged "3stars"

バージン・ゾンビ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

ジャン・ローラン(オリジナル)版 ★ ジェス・フランコ(ディレクターズ・カット)版 ★★★ もともとはジェス・フランコの監督作品であったにもかかわらず、後にジャン・ローランが監督したシーンを追加し、まったく別の映画として […]

顔泥棒|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 伊藤潤二のホラー漫画を実写化したドラマ。主演は『さくや妖怪伝』の安藤希。 高校を舞台に、自分の顔を狙った相手と同じ形に変化させる妖怪【亀井桃子】の恐怖と悲哀を描く。 安藤が演じたのは、【亀井桃子】に顔を“盗まれた […]

もうひとりいる|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 経験している最中はそうでもないのに、後で振り返ってみたとき「なんだったんだろう、あれは……?」と思うような出来事がけっこうある。 『もうひとりいる』は、そんな映画だ。 最初観たときは、とくに印象に残らなかった。佐 […]

虹色★ロケット|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 千葉県立幕張総合高等学校の自主制作映画サークル「芸術家族ラチメリア・カルムナエ(通称ラチカル)」が、2007年に発表した作品。その“感動的”な内容から、当時はメディアでけっこう話題になっていた。 元々は、授業で流 […]

踊るやくざ 組長は、わたし!?|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 「ホラー・クイーン」のイメージが強い安藤希だが、 『富江 最終章~禁断の果実~』におけるコケティッシュな演技で垣間見せたように、 コメディエンヌとしての資質も兼ね備えている。 そんな安藤が主演する『踊るやくざ 組 […]

玩具修理者|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 小林泰三の原作小説から、猟奇的な描写の一切を削除し、幻想的なお伽話に仕上げた短編映画。 言うまでもなく、映像化作品を語る際には、原作とは「別物」として評価すべきである。原作にあったものが「ない」としても、作品とし […]

彗星まち/獣たちの性宴 イクときいっしょ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 河原に捨てられた死体や焼身自殺といったショッキングなシーン、全編に漂うダウナーな雰囲気など、岡崎京子の『リバーズ・エッジ』と多くの接点を持つことで知られるピンク映画。「ピンク映画七福神」の一人、今岡信治のデビュー […]

ゴーストシステム|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 人間は、死んだらどうなるのか。死後の世界は、実在するのか。 ――この問いかけは、恐怖を掻き立てると同時に、どこかロマンチックな響きを帯びている。青臭いとはわかっていても、つい惹きつけられてしまうテーマの一つであり […]

吸血処女イレーナ 鮮血のエクスタシー|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 霧の立ち込める森の彼方から、素肌に黒いマントとベルト、ロング・ブーツを身に着けただけの美女が、まっすぐに歩み寄ってくる――。 豊かな黒髪にグラマーな肢体、濃厚なアンダーヘア、そしてアンニュイな表情が色気を醸し出す […]

エコエコアザラク R-page/B-page|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 古賀新一の古典ホラー漫画を実写映画化したシリーズの2006年度版は、前編の『R-page』と後編の『B-page』の2部構成となった。 ストーリーが繋がっているため2作品まとめてレビューする。 今回、 主人公の女 […]

エコエコアザラク(’97年度TVドラマ版 最終3話)|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 古賀新一の古典オカルト漫画を原作に、主人公の女子高生黒魔術師【黒井ミサ】を佐伯日菜子が演じるTVドラマ・シリーズ。 あの鼻にかかった、というより鼻が詰まってるんじゃないか、と思える鈍重な声は、かなりクセの強いもの […]

DOWN TO HELL|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ インディーズ出身のアクション映画監督、北村龍平の処女作品。 といっても、ほとんどの人たちは、『あずみ』や『ゴジラ FINAL WARS』を観た後で、さかのぼって本作に触れることになるのだろう。もちろん僕もそうだ。 […]