Posts tagged "PV"

HIDE×TUSK『Seth et Holth(セス・エ・ホルス)』|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ Xがいわゆる「ヴィジュアル系」の先駆者とされているのは、その奇抜なファッションや音楽性が後続バンドに多大な影響を及ぼしただけでなく、彼ら自身の手で新人を発掘・育成してきたという実績にある。 リーダーのYOSHIKIが社長を務めたインディー・レーベル「エクスタシー・レコード」からは、LUNA SEA、LADIES ROOM、東京ヤンキース、YOUTHQUAKE、GLAYなど後にシーンの顔役となる […]

meixianG『僕の部屋』|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 『紀雄の部屋』のDVDには、特典映像としてmeixianG(ミキサング)が歌うエンディング・テーマ『僕の部屋』のミュージック・クリップと、同曲を収録したCDが付属されている。 『紀雄の部屋』は1時間弱の短編映画だったが、ミュージック・クリップの方も約20分の短編映画として作られている(監督や脚本家のクレジットはなし)。 主演は、同映画で脇役を務めた安藤希。テレビ東京系列の深夜TVドラマ『ヴァン […]

一世風靡SEPIA『現在(いま)が好きです』|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★★★ 《和》のイメージを強く打ち出し、熱き漢の生きる道を体現した異色ダンス・グループ「一世風靡SEPIA」が主演する短編映画。 「ソイヤソイヤ」という奇怪な掛け声が耳を突く、代表曲『前略、道の上より』と、そのシングル盤のB面に収録された、これまた男臭いスポークン・ワード『セピアカラー』を軸に、スラップスティックな群衆劇を繰り広げている。 一世風靡SEPIAが解散し、メンバーはそれぞれ別の人生 […]

BALZAC『Marchen aus dem horrorwald』|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 日本のホラー・パンク・バンド、BALZAC(バルザック)のDVD付きシングル『D.A.R.K』に収録された短編映画。 バンドのイメージ・キャラクターである【紙袋男】を主人公にした、無声映画調のゴシック・ホラーとなっている。 BALZACがヨーロッパ・ツアーを行なった際に訪れた、ドイツの古城が舞台。 スタッフには実在したシリアル・キラー(連続殺人犯)の名前が宛われているが、実際に監督を務めたの […]

安倍なつみ『たからもの』|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ インターネットの動画配信サイト「GyaO(ギャオ)」で放映されていたドラマ。 安倍なつみが、主人公の【千(せん)】を演じる。【千】名義でリリースした同タイトルの歌が、ストーリーの下地となっており、さながら長編プロモーション・ビデオといった形だ。 5歳の時に病気で母を亡くし、15歳になってから、阪神淡路大震災で父と死に別れた、孤独な主人公【千】。今は上京し、一人暮らしをしているが、バイト先のガ […]