柘榴ノ杜(ざくろのもり)

百合魔王オッシーの公式サイトです。
Posts tagged "洋画"

ナチス・ゾンビ 吸血機甲師団|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 監督は「J・A・レイザー」となっているけれど、その正体がジャン・ローランだというのは周知の通り。 当初はジェス・フランコが務める予定だったが、突如行方不明になってしまったため、ローランにお鉢が回ってきたというのも、 […]

バージン・ゾンビ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

ジャン・ローラン(オリジナル)版 ★ ジェス・フランコ(ディレクターズ・カット)版 ★★★ もともとはジェス・フランコの監督作品であったにもかかわらず、後にジャン・ローランが監督したシーンを追加し、まったく別の映画として […]

ピンチランナー|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 一例を挙げるなら、安倍なつみ演じる主人公【峰岸あゆみ】が、燃えさかる倉庫に閉じこめられてしまうシーン。 彼女のクラスメートがそれに気付き、避難している他のクラスメートたちに、救助を呼びかける。 その時のやりとり。 「 […]

ヴァンパイアVSゾンビ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 『エイリアンVSプレデター』『ジェイソンVSフレディ』などのブームに便乗して、適当な海外のB級ホラー映画を輸入したものの中の一つ。日本版DVDはジャケットも邦題も、はてはクレジットの表記やタイトルバックに至るまでそれ […]

ゾンパイア|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 封印されていた吸血鬼の女王が眠りから覚め、孤島の小さな村を恐怖に陥れる。 古めかしい小屋の質感など、寂れた孤島の殺伐とした空気を演出することに成功している。終始、やるせない雰囲気の中で、気怠く展開していく物語だ。 […]

ゾンビドローム|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ この映画は、予告編のナレーションがなかなかの名調子で、ずっと耳にこびりついていた。 皮膚が不気味に膨張し……! 顔面はケロイド状の肉塊と化し……! 体液がとめどなく流れだし……! 頭部が破裂する! ぞんびどろおむ!! […]

知りすぎた少女|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 何年も前に起こったはずの殺人事件が、突如として、主人公の周りで再現される。私の記憶はどうなってしまったの?―― イタリアン・ホラーの巨匠マリオ・バーバらしからぬ、陳腐な心理サスペンス。おまけに、すべての謎は、ストーリ […]

白昼の幻想|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 興味本位に手を出したLSDによって、現実と幻覚の狭間に陥ってしまった、ある若い映画監督の一夜を描く。 読んで字のとおり「映画」とは映像表現に特化したメディアである。よって通常、本作のような内容の作品は、「幻覚」の描写 […]

女子高生チェーンソー|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ まず、邦題に偽りアリ。たしかにジャケットでは女子高生がチェーンソーを構えているが、実際の映画にそんなシーンは出てこない(ということは、ジャケットにも偽りアリ)。 まぁ、かといって原題の”SCREAM BL […]

イザベルの呪い|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 魔女狩り伝説をモチーフに、エログロ描写を加えたB級ホラー。そう聞いただけで食指が動いてしまうマニアは少なくないはず。 じじつ魔女の処刑や黒魔術のシーンはムードたっぷりで、安っぽい仕上がりながら、なかなかの出来映えだ。 […]

魔女 HAXAN / WITCHCRAFT THROUGH THE AGES|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 原題は『HAXAN』。1922年にデンマークで制作された、モノクロのサイレント・ムービーである。 《魔女》をテーマに、中世ヨーロッパの宗教観、サバト(魔宴)、魔女狩り、宗教裁判といった情報を、図版や再現ドラマを用い […]

ジョン・ゲイシー|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 実在するシリアル・キラー(連続殺人犯)たちの生き様を映画化したシリーズ「シリアル・キラーズ」の中の一つ。 本作はジョン・ゲイシーにスポットを当てている。地元の名士として信頼を集める一方で、33人もの青少年をレイプし […]