最新記事

750ライダー(2001年度実写版)|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 全2巻。行きつけのTSUTAYAのヤクザ映画のコーナーになぜか置いてあった(Vシネマだから?)。石井いさみの原作コミックは未読ながら、近隣のレンタル店には置いていない珍しい作品のようだし、各巻約70分と手頃な尺なので、ためしに一巻だけ借りてみる。 ――が、しかし。冒頭、バイクの競走が5分近くも、何の工夫も緊張感もなくダラダラ続く時点ですでにキツい……。 本編が始まれば、登場人物の独り言がやたら […]

安倍麻美『空の記憶』|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 『水の記憶』『風の記憶』に続く、安倍麻美のプロモーション短編映画3部作の第3弾。3rdシングル『きみをつれていく』のカップリングDVDに収録された。 建築家を目指す女子高生が、夏休みの朝、受験勉強のために図書館へ向かう途中で、バスをうっかり乗り過ごしてしまう。 乗り過ごしてしまったなら次の停留所で降りて引き返せばいいと思うのだが、いつしかバスは現実世界の日常を離れ、主人公の記憶にある人々が一人 […]

安倍麻美『風の記憶』|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 2ndシングル『Our Song』のカップリングDVDに収録の短編映画では、安倍麻美が一人芝居に挑戦している。 舞台となるのは、革命が勃発した世界。正規軍のメンバーである安倍は、反乱軍のリーダーと、密かに愛し合っていた。彼女は携帯電話を通し、彼に争いの愚かさを訴える。 歌手としての安倍麻美は、音程も声量も不安定で、おせじにもプロのレベルに達しているとは言い難いものの、俳優としてはひそかに期待 […]

安倍麻美『水の記憶』|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 「モーニング娘。」の安倍なつみの妹、安倍麻美のアイドル・デビューにあたって、初期3枚のシングル初回盤にはそれぞれ麻美を主演に据えた短編映画のDVDがカップリングされていた。本作はデビュー曲『理由』の初回盤に収録。 退屈な毎日を過ごしていた女子高生が、内なる声に導かれ、この世界に生まれた喜びを知るという筋書きだ。 おのずと注目が集まるのは、安倍麻美の演技力。 これが、意外に巧いのだ。表情の作り […]

心霊2|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 『踏切に立つ少女』と『まちぼうけ』の2作品からなる、オムニバス形式のホラー映画。 前作『心霊』に引き続き、本作も「稲川淳二監督作品」と銘打たれているが、実際に稲川自身が手がけたのは『まちぼうけ』だけ。『踏切に立つ少女』の方は、前作にも携わった三宅雅之が監督している。 特筆すべきは『踏切に立つ少女』。なんと、鈴木杏のデビュー作なのだ! 当時、まだ小学生だった鈴木が演じるのは、主人公を逆恨みし […]

心霊|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 夏の怪談でおなじみの稲川潤二だが、映画監督もやっていた。 本作は、初の劇場公開用作品。3話構成のオムニバスとなっている。 第1話『旧日本軍の病院』は、タイトルそのままの内容のオリジナル・ストーリー。 第2話『サーファーの死』は、稲川の怪談レパートリーとして有名なエピソード。 第3話『首なし地蔵』は、ラフカディオ・ハーンの『骨董』にも『幽霊滝の伝説』として収録された不気味な民話をベースにして […]

汝殺すなかれ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 冴えない中年サラリーマンが、ある夜、殺人事件の現場に遭遇したことから、殺し屋のチームに引き入れられる──という筋書きのクライム・アクション。 殺し屋を主人公にしておきながら、そのタイトルは『汝殺すなかれ』。洒落たネーミング・センスが目を惹いた。 主人公は、相棒の恋人に言い寄られても頑として拒むほど、まさしく絵に描いたような堅物男。 そんな彼は、もちろん犯罪のニオイとも無縁だが、意外にあっさり […]

TERRORS 黒い影|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ カナ(石川佳奈)、マユ(上原まゆみ)、アユ(村田あゆみ)の3名からなる、 新人アイドル・グループ「ソフィー」が、 熱狂的ファンを名乗る謎の人物に追いつめられていく――という筋書きのサスペンス。 【アユ】の手を噛んだ飼い犬や、【カナ】を振った同級生が、黒ずくめの人物に襲われ、重傷を負わされた。 やがてソフィーは、マスコミによって「呪われたアイドル」というレッテルを貼られてしまう。 そしてマスコミ […]

頭狂23区外 オムニバス・バージョン|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★   『湘南爆走族』シリーズを手がけた神野太が監督するホラー映画シリーズ『頭狂23区外』全3作品を、1枚のDVDにまとめた特別版。 このシリーズ、もともとは1作品につき定価6,090円(税込)で発売されていたのだが、そんな殿様商売じゃいくらなんでも売れなかったのだろう。 もっとも、100円ショップの「ダイソー」では、廉価版が1作品315円(税込み)で売られているのだから、あまりお買い得 […]

頭狂23区外 終ワラヌ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★★ 100円ショップの「ダイソー」が315円(税込)で販売していた、ホラー映画シリーズの3作目にして最終作。 今回の主演は衛藤美菜。 ちなみに、シリーズのエンディング・テーマ『夢幻絶唱』も、衛藤が歌っている。 なんかものすごく気負ったタイトルの割には、こぢんまりとした爽やかな曲であるが、耳あたりは良い。 歌手としての衛藤は、声量もなく、音程も不安定で、まぁ、はっきり言って音痴なのだが、 曲の […]

頭狂23区外 ユルセヌ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 100円ショップの「ダイソー」が、315円(税込)で販売していたホラー映画シリーズの第2作目。 今回の主演は、二宮優。双子の姉妹【真以子】と【唯】を一人二役で演じている。 乾曜子主演の前作『眠レヌ』が学芸会レベルの出来だったので、正直、まったく期待していなかったが、 本作は鑑賞に堪えうる仕上がりとなっている。ストーリー上のつながりもないので、本作から観始めてもOKだ。 * * * 高校教師 […]

頭狂23区外 眠レヌ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 100円ショップの「ダイソー」で、一時期(00年代後半?)、映画のDVDが販売されていた。ただし価格は315円(税込)である。 そんな中に『頭狂23区外』と題された、計3作からなるホラー物のシリーズがあった。 シリーズ2作目『ユルセヌ』のパッケージにある謳い文句によると、 《大人気グラビア女優による初のコラボレーション実現!》とのことだが、 二宮優、乾曜子、衛藤美菜……う~ん、一人も知らない。 […]