Posts tagged "青春"

TERRORS 黒い影|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ カナ(石川佳奈)、マユ(上原まゆみ)、アユ(村田あゆみ)の3名からなる、 新人アイドル・グループ「ソフィー」が、 熱狂的ファンを名乗る謎の人物に追いつめられていく――という筋書きのサスペンス。 【アユ】の手を噛んだ飼い犬や、【カナ】を振った同級生が、黒ずくめの人物に襲われ、重傷を負わされた。 やがてソフィーは、マスコミによって「呪われたアイドル」というレッテルを貼られてしまう。 そしてマスコミ […]

頭狂23区外 オムニバス・バージョン|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★   『湘南爆走族』シリーズを手がけた神野太が監督するホラー映画シリーズ『頭狂23区外』全3作品を、1枚のDVDにまとめた特別版。 このシリーズ、もともとは1作品につき定価6,090円(税込)で発売されていたのだが、そんな殿様商売じゃいくらなんでも売れなかったのだろう。 もっとも、100円ショップの「ダイソー」では、廉価版が1作品315円(税込み)で売られているのだから、あまりお買い得 […]

頭狂23区外 終ワラヌ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★★ 100円ショップの「ダイソー」が315円(税込)で販売していた、ホラー映画シリーズの3作目にして最終作。 今回の主演は衛藤美菜。 ちなみに、シリーズのエンディング・テーマ『夢幻絶唱』も、衛藤が歌っている。 なんかものすごく気負ったタイトルの割には、こぢんまりとした爽やかな曲であるが、耳あたりは良い。 歌手としての衛藤は、声量もなく、音程も不安定で、まぁ、はっきり言って音痴なのだが、 曲の […]

頭狂23区外 眠レヌ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 100円ショップの「ダイソー」で、一時期(00年代後半?)、映画のDVDが販売されていた。ただし価格は315円(税込)である。 そんな中に『頭狂23区外』と題された、計3作からなるホラー物のシリーズがあった。 シリーズ2作目『ユルセヌ』のパッケージにある謳い文句によると、 《大人気グラビア女優による初のコラボレーション実現!》とのことだが、 二宮優、乾曜子、衛藤美菜……う~ん、一人も知らない。 […]

TEACUPS 湘南初恋物語 ─親友─|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ DVD版のパッケージでは、石川佳奈と平井理央が「主演」であるかのごとくフィーチャーされている。ところが実際には、この二人は脇役にすぎない。しかも、石川にいたっては台詞すらない。映像特典のメイキングも、平井のインタビューばかりで、石川はほとんどオマケ扱いだ。どうも誠実な商売をしているとは言い難い。 せめて肝心のドラマがそれなりに“見られる”代物なら、納得のしようがあるのだが……。 湘南の海辺を舞 […]

集団殺人クラブ 最後の殺戮|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 不死の殺人鬼【タケゾウ】が、女子高生たちを血祭りに上げていく。スプラッター・ホラー・シリーズの完結編。 超能力を持つ少女【ミサト】と、その幼なじみで麻薬売買に手を染める不良少女【カオリ】。【ミサト】は【カオリ】を悪の道から救い出そうとするが、裏切り者呼ばわりされた上、【カオリ】の仲間たちに輪姦されそうになる。 泣き叫ぶ【ミサト】を、冷ややかに見下す【カオリ】。そこへ突如、【タケゾウ】が登場し、 […]

マリア様がみてる(2004年度TVアニメ版)|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 「百合」の代名詞としてオタク・カルチャー史にその名を刻むライトノベル・シリーズ『マリみて』が、ブームの真っただ中だった頃に制作されたTVアニメ。 ソフトの第1巻は『第1話 波乱の姉妹宣言』『第2話 胸騒ぎの連弾』『第3話 月とロザリオ』の計3話を収録。原作第1巻の内容を三分割して映像化する形となっている。 ミッション系のお嬢様学校という浮世離れした原作のシチュエーションは、ともすれば敷居の高い […]

マリア様がみてる(2010年度実写映画版)|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ ゼロ年代「百合ブーム」の嚆矢となった、今野緒雪原作のライトノベル・シリーズの第1巻を実写映画化。 あらためて説明すると、「百合」とは女性同士の恋愛をテーマにしたマンガなどのフィクション作品のことで、「ガールズ・ラブ(GL)」とも呼ばれる。男性同士の恋愛を描く「ボーイズ・ラブ(BL)」と対にして用いられる言葉だが、今回の実写版『マリみて』の監督は、過去にそのものズバリ『BOYS LOVE』とい […]

音のない青空|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 西原亜希と上野なつひのW主演で送る、フジテレビの1時間ドラマ。 西原亜希演じる女子高生は、母親の再婚のため、田舎町に越してきた。 母の婚約者の男性、そしてその一人娘である上野なつひを交えた4人で暮らすこととなる。 上野なつひは陸上部員。かつて同じ陸上部のエースだった父に憧れ、棒高跳びの記録更新を目指す。 そんな上野のひたむきな姿に惹かれ、西原も陸上部に入る。 が、飽きっぽい性格の西原は、練習 […]

ときめきメモリアル(’97年度実写映画版)|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ なんとも、もったいない作品である。 原作の美少女ゲームをプレイしたことはないけれど、単純に「青春映画」として、本作はじつによく出来ている。 嵐の中、主人公の冴えない少年(もちろん童貞である)が引き返して、バイト仲間の美少女たちと海の家を守るクライマックスには、不覚にも涙腺が緩んだ。 が、原作ユーザーの心理を勝手に代弁するかのような、ロリコン丸出しの気色悪いモノローグが、ひと夏の男女の爽快な友 […]

霊女 MISAKI|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ テレビ東京系列にて、毎回たった3分間だけ放送されていた連続ホラー・ドラマ『MISAKI』が、そのソフト化にあたり前編(本作)と後編(続編『MISAKI2』)の2本にまとめて編集された。 トータルで収録してもせいぜい1時間なのに、わざわざ別売りにするところがいやらしい。結果として、約80分の収録時間の内、本編は30分、残り50分は延々とメイキングという本末転倒な内容となっている。 霊感をもつ少女 […]

囁く廊下 女校怪談|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ 一口に「ホラー映画」と言っても、単純に「ホラー(恐怖)」だけを追求している作品は、意外に少ない。 たいてい、恐怖演出はあくまでも“味付け”であって、本当のテーマは別にある。 韓流ホラー『囁く廊下』(旧題『女校怪談』)の場合、テーマは《教育の暴力》だ。 厳格な女子校で巻き起こる、謎の連続殺人。その背景には、傲慢な大人たちによって青春を奪われてしまった少女たちの、哀しみと怨念が秘められていた── […]