Posts tagged "アイドル"

踊るやくざ 組長は、わたし!?|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★ 「ホラー・クイーン」のイメージが強い安藤希だが、 『富江 最終章~禁断の果実~』におけるコケティッシュな演技で垣間見せたように、 コメディエンヌとしての資質も兼ね備えている。 そんな安藤が主演する『踊るやくざ 組長は、わたし!?』は、観客動員数18,500人(2006年当時)を記録したとされる舞台喜劇シリーズの映画版。同シリーズの企画・制作を行なう「株式会社ファイナル・バロック」の代表であ […]

あなたの隣の神隠し|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 『陰陽師 安部晴明』に続く、オカルト雑誌『ムー』監修のドキュメンタリー・ビデオ。 今回のテーマは《神隠し現象の謎》。こちらでも安藤希を起用している。情報とドラマが交互に流れる構成も同じだ。 幼い頃、山で遊んでいた安藤とその友人は、神隠しに遭遇。 安藤は捜索隊に発見されたものの、友人の行方はついにわからなかった。 それから十数年後、二人は謎の洋館にて再会を果たす。 彼女たちの会話を軸に、神隠しに […]

陰陽師 安部晴明|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 陰陽道の基礎知識や、安部晴明にまつわる伝説を紹介するドキュメンタリー。学研の老舗オカルト雑誌『ムー』が監修し、その編集長も解説者として登場する。 ナビゲーターは、『さくや妖怪伝』を始めとして数々の怪奇映画で主演を務めた、女優の安藤希。 本作の特色として、情報の合間に、安藤をフィーチャーしたドラマが並行するという点が挙げられる。 陰陽道に関する知識を深めていく安藤が、やがて自ら安部晴明の血を引い […]

ときめきメモリアル(’97年度実写映画版)|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★ なんとも、もったいない作品である。 原作の美少女ゲームをプレイしたことはないけれど、単純に「青春映画」として、本作はじつによく出来ている。 嵐の中、主人公の冴えない少年(もちろん童貞である)が引き返して、バイト仲間の美少女たちと海の家を守るクライマックスには、不覚にも涙腺が緩んだ。 が、原作ユーザーの心理を勝手に代弁するかのような、ロリコン丸出しの気色悪いモノローグが、ひと夏の男女の爽快な友 […]

霊女 MISAKI|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ テレビ東京系列にて、毎回たった3分間だけ放送されていた連続ホラー・ドラマ『MISAKI』が、そのソフト化にあたり前編(本作)と後編(続編『MISAKI2』)の2本にまとめて編集された。 トータルで収録してもせいぜい1時間なのに、わざわざ別売りにするところがいやらしい。結果として、約80分の収録時間の内、本編は30分、残り50分は延々とメイキングという本末転倒な内容となっている。 霊感をもつ少女 […]

神の左手 悪魔の右手|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ 楳図かずおの有名ホラー漫画を、平成『ガメラ』3部作で知られる金子修介監督が映画化。ちなみに『ガメラ3 邪神覚醒』で主演を務めた前田愛も脇役で登場している。 当初の予定では那須博之が監督することになっていたが、撮影前に逝去してしまったため、金子監督が代わってメガホンを取ることになったという。 このような因縁による本作の主人公を、那須監督の『デビルマン』にも【ミーコ】役で登場した渋谷飛鳥が担ってい […]

ウィッチクローズ|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ ゴスロリ・ファッションに身を包んだ少女が、大きな剣を振り回して、襲い来る怪物どもを、バッタバッタとなぎ倒していく──スチールを見たかぎりでは、そんなシーンを予想した。 ところが、実際にアクションをするのは、怪物を演じるJAE(ジャパン・アクション・エンタープライズ)の皆様。 主人公のゴスロリ少女はというと……ただ突っ立ってるだけ(笑) てっきり剣劇を披露するのかと思いきや、魔法の剣が自ら光を発 […]

テック&サーチ・リミテッド|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ このインディーズ映画の主演を務めた石川佳奈は、ついぞ一般的な知名度を得ることはできなかったものの、独特な存在感のある女優で、個人的に一目置いていた。元々はグラビア・アイドルで、ブライダル・モデルとしても活動していたようだけれど、今となってはどこで何をしているのか。 石川はファンタジックなTVドラマ『LAST ALIVE』、スプラッター映画『スワンズソング』など、これまで出演してきた作品では、お […]

精霊のささやき|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ パッケージの宣伝文によると、監督の植岡喜晴は《幻想映画だけを撮り続けて来た映像作家》で、この『精霊のささやき』は、彼にとって《初の劇場用作品》なのだそうな。 そんな奇特な人がいることも知らなかったし、そんな映画があることも知らなかった。 近所の古いレンタル・ビデオ屋ではじめて目にしたのである。昨今の、即物的なスプラッター・ホラーやゾンビ物ばかりがもてはやされる風潮に、すっかり嫌気がさしていた私 […]

押切 劇場版|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★ パラレル・ワールドを題材にしたSFホラーで、いちおう伊藤潤二の漫画を原作としている。読んでいないので比較できないが、少なくともこの映画版に『富江』や『うずまき』のような猟奇色はない。 一つ言えるのは、もし伊藤潤二原作という前提がなければ、こんなに古臭くて退屈な作品が世に出ることはなかっただろう、ということである。 「押切」とは、主人公の高校生の名字。もう一つの世界に住む自分が、この世界にやって […]

花とアリス|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★   とにかく、ムダの多い映画。要領のいい監督が撮れば90分以内にまとまりそうな話を、なんと2時間以上もかけてダラダラやっている。 思いついたアイディアに愛着があるのはわかるけれど、それらを吟味せずに全部ぶちこんだものだがら、ストーリーの流れが冗漫きわまりない。 たとえば、【徹子】が離婚した父親と会うエピソードなんて、明らかに蛇足だ。【雅志】とのデートの後でトコロテンを食べるシーンの […]

堀北真希×黒木メイサ『きみのゆびさき』|評論家を燃やせ!(いいニオイさ)

★★★★ 2006年から2007年にかけて、堀北真希と黒木メイサをフィーチャーした作品が複数の媒体で制作・発表された。共に同い年で、同じ芸能プロダクション(スウィートパワー)に所属する二人だが、清純派の堀北にセクシー系の黒木という正反対のキャラクターがもたらすコントラストがセールス・ポイントとなっていた。 2007年4月に発売されたDVD『きみのゆびさき』は、『tokyo.sora』『好きだ、』で […]